フローレンスの病児保育は、保育士や認定ベビーシッターの資格がなくても「子育て経験7年以上」があればご応募いただけるお仕事です。

お子さんの育児で試行錯誤した経験、お子さんが病気になった時に付きっきりで看病した経験、自分も働きながら子育てと仕事を必死に両立してきた経験。
そんなかけがえのない皆さんの貴重な子育て経験をぜひ活かしてみませんか?

そうはいっても、「子育て経験だけでやっていけるかな…」「ブランクもあるし不安…」と思っている方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで、今回は入社後の研修や保育士資格取得の支援制度についてご紹介させていただきます!

入社後の研修について

まずは入社後の研修について、改めてご説明します。
病児保育スタッフとして独り立ちするまで、約2週間~1ヶ月程度の研修を実施しています。

①保育クレド研修
面接で合格し、入社するとまず、フローレンスの保育現場で大切にしている保育クレド研修を行います。保育クレド研修では、子どもの人権について学びます。

②座学研修
子どもの心のケアや声かけ・関わり方から保育スキルまで、心得・専門領域を学びます。

③現場研修
座学研修までは一定時間の受講で全員が修了することができますが、現場研修は4つの段階に分けて実施しています。

フローレンスでは、前職までの保育経験がどんなに豊富であっても、全員が全ての段階の研修を受講し、病児保育スタッフとして独り立ちをしていただきます。

乳児の保育にブランクのある方や実務経験がない方については、フローレンスの運営する保育園での園実習を実施したり、病児保育の現場研修においても、どの段階を何時間かけて実施するか、一人ひとりの状況に合わせてアレンジしています。

しっかり病児保育の基礎を習得することができますので、安心してください!

学び支援制度について

シッター稼働のない日には、研修を受講いただき専門知識やスキル向上を図っていただきます。

その中で保育士資格の取得に取り組むスタッフもいます!
資格なしで入社した人のうち、何と約2割がチャレンジして合格しています!

仕事をしながら資格取得の勉強を進めるのは簡単なことではありませんが、フローレンスの病児保育には「組制度」というものがあり、スタッフ同士で保育の事例やちょっとしたコツなどを共有する環境が整っています。

保育士資格試験の勉強に行き詰まっても、保育経験が豊富なスタッフとのコミュニケーションを通して、たくさんの刺激を得ることができ、きっとモチベーションUPにもつながるのではないかと思います!

※組制度とは…
病児保育スタッフは、13~15名ほどの人数でグループ(組)に分けられ、そのグループのリーダーである「組長」を中心に、スタッフ同士の横のつながり・連携を図り、マンツーマンでも孤独感を感じさせないような体制を整えています。

また、スタッフの「学びたい!」という思いを応援する「学び支援制度」も整っています。

●資格取得の補助制度
保育士資格受験について、受験料全額を補助する制度です。(※条件あり)

●書籍購入の補助制度
保育士資格受験に向けて購入した書籍代(2,000円+税)を補助する制度です。(※条件あり)

新たな知識やスキルを身につけることは、自分自身の視野を広げることにつながり、「学び」に遅すぎるということはありませんよね!

フローレンスの病児保育は、入社後に保育士資格の取得を目指す、学びに貪欲なスタッフを全力で応援しますので、安心してチャレンジしてください。


“子育ての経験を活かして、子育て世代の仕事と育児の両立を応援したい”

そんな思いをフローレンスの病児保育で実現しませんか?
随時説明会を開催していますので、お気軽にご参加ください。

また、募集要項などの詳しい内容は採用サイトをご確認ください。


また、説明会情報やスタッフインタビュー、最新の募集状況など、LINEで定期的に配信しております。
こちらからお気軽にご登録ください。

友だち追加