病児保育のフローレンス | 子どもが病気になったときのベビーシッター

ご入会方法

  1. メールアドレスを登録する

    フローレンスの病児保育の仕組みをご理解の上、メールアドレスをご登録ください。
    折り返し、メールにて会員情報登録用URLをお知らせします。

  2. 必要情報を登録する

    会員専用サイトにログイン後、保護者情報、こども情報、口座振替登録手続きを行ってください。

  3. ご入会

    フローレンス事務局にてご登録情報を確認いたします。
    確認完了後、事務局よりメールで利用開始日をご連絡いたします。
    利用開始日は最短で当日から利用可能となります(すべての情報が正しく登録され、フローレンス側で利用が可能と判断した場合)。
    入会規定数に達した場合は事務局指定の月からのご利用開始をご案内をする場合がございます。

    ※最短で当日から利用可能なのはベーシックプランの場合です。
    ひとり親支援プラン・発達支援プラン・ひとり親発達支援プラン・法人プラン・コラボレーションプランは翌月からのご利用開始となります。

入会手続きの前に

  • @florence.or.jpからのメールが受信できるよう、設定をお願いします。ご連絡がつかない場合、または事務局からの連絡にお返事をいただけない場合には、入会のご意思がないものとみなし入会辞退となります。
  • すでにごきょうだいが入会している場合は、新規登録の必要はありません。ご利用中の会員専用サイトにログインして、新しく入会するお子さん情報をご登録ください。
  • 入院歴、既往歴があるお子さんは、看護師から追加のヒアリングをさせていただくため、入会までにお時間をいただく場合があります。
  • 入会前のご利用は、安全面の担保のためお断りしています。
  • 当日8時までのご依頼に100%対応するため、お申込が多数となった場合は20日より前に翌月1日のご入会を締め切ることがございます。

重要事項説明

利用が難しいケース
  1. 1歳未満のお子さんで、自宅内での喫煙者がいる場合
    乳幼児突然死症候群(SIDS)診断ガイドライン(第2版)(厚生労働省平成24年10月)に準拠し、ご入会いただくことができません。
  2. 特別な医療行為が必要な場合
    保育者(こどもレスキュー隊員)は、医療従事者ではないため、医療行為は行えません。
    例:
    ・体内外にチューブやカテーテル等の医療器具が挿入されているお子さん
    ・医療的ケアが必要なお子さん
    ・在宅酸素が必要なお子さん(一時的使用も含む)
  3. NPO法人フローレンスのメディカルチームにて、第三者による1対1の病児保育が困難と判断した場合
    休会のご提案や、場合により入会をお断りすることがあります。
    例:てんかんの診断/疑いがあるお子さん
  4. 虚偽の報告があった場合
    ご入会後に虚偽の報告が認められた際には、退会勧告をさせていただく場合がございます。
100%対応保証について

当日朝8時までの依頼に100%対応を保証させていただくのは、ベーシックプラン、寄付によるひとり親支援プラン、法人プランの方が対象となります。なお「病児保育」は突発的な特性があるため、担当制ではありません。

※感染症の流行が警報レベルに達した場合、100%対応ができないことがあります。その場合、各プランの案内に沿って、最大6ヵ月分の月会費返金にて保証とさせていただきます。なお、法人プランはお勤め先への返金となります。規約に基づき感染症の大規模な流行が発生した場合は月会費返金の対象とはなりません。(詳細はガイドラインをご参照ください)
料金・支払いについて

フローレンスの病児保育がお約束している「当日朝8時までの依頼に100%対応」は、利用会員の皆さんの月会費によって成り立っています。病児保育の利用がない月も月会費が発生し、会員さん同士で支え合う共済型のしくみです。

プランにより料金は異なります。利用されるプランの内容を必ずご確認ください。
なお、法人プランのガイドラインはお勤め先にご確認ください。

重要事項説明利用会員規約ガイドラインを確認、同意の上、入会を申し込みます