病児保育のフローレンス 採用情報

毎日出会う特別な「ありがとう」 「守り合い、助け合う」充実のサポート体制で 安心安全な病児保育

フローレンスの病児保育ってどんな仕事?

風邪やお熱のお子さんのご自宅に行き、一対一で保育します。
子どもが急に熱を出した、けれど今日に限って仕事を休めない…そんな働く親御さん達の「困った」をサポートするお仕事です。

フローレンスの病児保育の特長

  • これまで7万件の病児保育実績!

    2004年からスタートし、様々な病状のお子さんに対応。
    ノウハウが蓄積されているので、スタッフも安心してお仕事できます。
  • 手厚い研修で病児のプロを育成!

    スタッフの入社時の研修は2週間〜1ヶ月。
    病児のケアや緊急時の対応だけでなく、実技や実習も、しっかり学べます。
    スタッフが安心して保育ができるよう、チームでサポート!
  • いつでも対応!電話相談窓口を設置

    「朝、親御さんに聞きそびれた…」
    「お子さんの体調が悪化し、病院に行くべきか…?」
    保育するなかで不安なことがあれば、いつでも電話相談が可能。
    看護師も常勤しているので安心です。

働き方

月給制/時給制2つの働き方から選ぶことができます。

月給制の場合

病児保育スタッフ 月給制(正社員)
勤務日数
  • 週5日
  • 週4日 ※勤務曜日は固定
給与/月給
  • 週5日 : 212,000円〜250,000円
  • 週4日 : 169,600円〜
勤務時間

8:00〜18:30の間(最長10.5時間)

※上記時間内の、親御さんが希望する保育利用時間で勤務
(例)8:00〜18:30、10:00〜17:00
※希望者のみ、以下の時間帯も勤務の可能性あり(手当あり)
・7:30〜8:00  (早朝手当 5,000円/月)
・18:30〜20:00(夜間対応手当 10,000円/月)
備考

当日の12時までに保育の依頼がなかった場合

  • 12時以降の保育の依頼に対応
  • 定期開催のレベルアップ研修への参加
  • 他の病児保育スタッフへのサポート訪問
  • 本部にて事務作業のお手伝い
※週4の方は、希望の公休日を内定時にお伝えください。基本的に曜日固定です。

時給制の場合

病児保育スタッフ 時給制(週2〜)
勤務日数

週2〜 ※勤務曜日は固定

給与/月給

1,200円〜

勤務時間

8:00〜18:30の間(最長10.5時間)

※上記時間内の、親御さんが希望する保育利用時間で勤務
(例)8:00〜18:30、10:00〜17:00
※希望者のみ、以下の時間帯も勤務の可能性あり(手当あり)
・7:30〜8:00  (早朝手当 5,000円/月)
・18:30〜20:00(夜間対応手当 10,000円/月)

備考

当日の8時までに保育の依頼がなかった場合、その日の勤務は終了

※病気の流行期・閑散期により月の給与額に波があります
※研修参加日は給与を支給いたします。
※勤務曜日が固定になります。内定時に希望の曜日をお伝えください。
※時給でのお支払いになるため、お仕事がない場合はお給料が発生しません。ただし、待機時間(仕事の依頼メールが届く時間)は勤務に反映されます。
※入社後はじめての月初2週間は、給与が支給される入社時の研修(参加必須)があります。

詳しくは募集要項をご確認ください。


給与額の計算や、住宅手当の対象になるかどうかなど、
ご不明点は面接日までにこちらの連絡先からお問い合わせください!

採用担当直通電話
03-4531-5631
(平日9〜18時)


お仕事の依頼方法

前日の15時から当日にかけて、病児保育の会員(お子さん)の保育予約が入ります。
夜20時までに来た予約は、夜の時間帯に、それ以降の予約は、朝の時間帯にスタッフへ依頼が届きます。

寝ている間にお子さんの病状が回復した場合は、場合は利用者により予約がキャンセルされます。
保育の依頼がキャンセルされると朝に別の依頼が届きますので、朝、依頼状況の確認をしてください。

依頼の際に考慮しているポイント

通勤距離

保育依頼の多くは23区内で、電車通勤が基本です。
正社員の場合は乗車時間1時間程度、時給制スタッフの場合は乗車時間30分以内の電車通勤で、
訪問できるエリアのお仕事を依頼します。の電車通勤で訪問できるエリアのお仕事を依頼します。

アレルギーの有無

例えば、猫を飼っているスタッフに猫アレルギーのお子さんの保育を依頼することはありません。その逆も同様です。

お子さんの持病・病状に合わせた配置

喘息や疾患などの個別に対応が必要なお子さんに、新人スタッフが配置されることはありません。
レベル別研修を卒業したスタッフが担当します。

これらを踏まえて、スタッフと訪問先のご家庭の地域のバランスを考慮しながら、全員が無理なく保育できる依頼を行なっています。

お仕事に関するよくあるご質問

休みのとり方は?
前月15日までの申請で、有給休暇・勤務日振替が可能です。もちろん、体調不良などの急なお休みも対応します。
(朝6:30〜夜21:00まで対応可能)
もし勤務が原因で感染した場合は、感染補償制度で有給休暇を消化せずにお休みが可能です。
(インフルエンザ5日、胃腸炎3日、その他2日)
※事務局が認めた場合に限ります。
子どもが嘔吐した場合の処理は?
一時的な処理で構いません。
「お子さんから絶対に目を離さない」がフローレンスのルールですので、保育ができる環境を整える程度です。
保育者一人での保育が難しい場合は、ヘルプのスタッフを電話で要請してください。
保育者のお昼ごはん・トイレは?
お子さんがお昼寝している間に、おにぎりやパンでさっと済ませることが多いです。「お子さんのアレルギー食材を持参しない」というルール以外は、特に決まりはありません。
お子さんが起きている場合は、目を離さないように、それぞれ工夫しています。目を離さない前提になるため、休憩時間も勤務時間として給与をお支払いしています。
保育中の服装は?
動きやすい服装で、スカートやダメージジーンズは禁止です。お子さんの肌が触れるので、柔らかい綿素材などが望ましいです。
着替えを持参するスタッフもいます。
お医者さんへ連れて行くことはありますか?
お子さんのかかりつけ医に行っていただきます。歩いて5分以上の距離にある場合、お子さんの安全のためタクシーを利用します。
他のスタッフとの交流の機会は?
保育者同士の横のつながりも大事にしています。
保育スタッフ同士で組を作り、サポート訪問などを通して互いを助け合います。「マンツーマンの保育だけど、孤独じゃない」と、現役の保育スタッフからも好評の制度です。
半年に1回の全社会議(病児保育スタッフが全員集まる会議)ではランチや飲み会などで交流を深めています。

ご質問は面接前にお問い合わせください

採用担当直通電話
03-4531-5631
(平日9〜18時)

もっと詳しく知りたい方は是非こちらもご覧ください

  • フローレンスだからこそできる「一対一保育」の魅力~訪問型病児保育に1日密着!~

    記事はこちら