認定NPO法人フローレンス認定NPO法人フローレンス

利用会員さんの声

2015/04/01

Vol.1安心して仕事に打ち込める嬉しさ

Oさん(30代・4歳女の子)

Oさん

妊娠中に登録

自営業で、イベントの司会や運営を行う仕事をしています。イベント全体の統括をしているので、自ら現場に出向かなくてはいけない場面が多いのが特徴ですね。活動エリアは日本各地、イベントによっては地方に1週間滞在することも。そのような仕事なので、結婚して妊娠がわかったときには、仕事と子育てをどのように両立するか、周到に用意しなくてはと思いました。

そんなとき、あるクライアントに教えてもらったのが、フローレンス。そのクライアントは当時、某大手企業で管理職としてバリバリ働いていた方。子どもが病気になっても仕事が休めないときのために、預け先を3ヶ所用意していると聞きました。そのひとつがフローレンスだったんです。信頼するひとに薦められると、「じゃあ、わたしも使ってみようかな」という気になりますよね。妊娠中に夫婦でフローレンスの説明会に参加して、出産前に登録しました。
現在、入会の申し込みは、最短で3・4ヶ月健診後となります。ご利用は6ヶ月からです。

1_21歳1ヶ月のときに3日間連続で利用

初めて利用したのは、娘が生後9ヶ月くらいのとき。その後、1歳1ヶ月のときに利用したときのことが印象に残っています。3日間続けて地方の現場に行かなくてはいけないときに、娘が高熱を出して。さらに、夫まで高熱が出て。そのときは、本当に助かりました。

利用してまず驚いたのが、保育スタッフであるこどもレスキュー隊員さんがつけてくれるレポートが丁寧なこと。字がびっしりと書いてあって、保育中の様子が手に取るようにわかるんですよ!体調や食事の様子はもちろん、観たテレビ番組名まで、分刻みでとても細かく書いてあるんです。

用意がたいへんなことが逆に安心感

着替えや食事、保険証や書類など、揃えるものが多いのがたいへんなので、夫はとても面倒がるのですが(笑)、わたしは逆に安心感を覚えます。病気の我が子を置いて仕事に行くのですから、それくらいの用意を求められて当然だと。しかし夫は、他人はもとより一般のベビーシッターさんを家に入れるのを嫌がるのですが、フローレンスの隊員さんは信頼できると話しています。

娘が1歳半になってからは、体が丈夫になったのか病気をすることも減ってきたので、今はお守りとして卒業生プランに入っています。フローレンスを教えてくれたクライアントが教えてくれたように、わたしも、ママ友やもうすぐ子どもが生まれる親戚などにフローレンスを薦めています。

利用会員さんの声TOPへ