認定NPO法人フローレンス認定NPO法人フローレンス

こどもレスキュー隊員からのメッセージ

2015/04/01

Vol.2たっぷり甘えて回復を

星島 眞紀子隊員 50代

保育士 幼稚園教諭 子育て経験あり

星嶋さん

フローレンスで働きはじめたきっかけは?

保育関係の仕事をずっとしています。最初のお仕事は幼稚園の先生でしたが、当時は幼稚園の先生は結婚したら辞めるような時代だったので一度退職しました。でも、とにかく子どもが好きで子どもに関わる仕事がしたかったので、子育て中は時間調整がしやすい子どもの英会話教室の先生をし、子育てが一段落してからは保育園で保育士の仕事をしていました。

フローレンスで働いてみて、どうでした?

フローレンスの職場は志の高い人が多いことに驚きました。ここには色々な経験をし、考えた上で社会に貢献しようという思いで働き始めた人が多いと実感しています。
仕事面では、個人のご家庭に訪問するという仕事は初めてだったため、それまで経験してきた集団保育とは全く違う緊張感がありました。でも、本部のサポート体制がしっかりしていて「わたしたちがバックにいる」という力や気持ちを感じることができるので、安心してレスキューに集中することができますよ。

やりがいを感じるときは?

親御さんやお子さんと接する中で、本当に求められている仕事だと感じることができます。レスキューにお伺いした際に、「今日はありがとうございました」と最後に言っていただけると、本当にやっていてよかったなと思いますね。
お子さんは、集団で過ごす保育園では「保育園用の顔」をして頑張って過ごすんですよね。でも病気の時は、大きなお子さんであってもやっぱり心細くて甘えたくなる。フローレンスの病児保育は一対一の保育ですから、甘えることができて安心できるようです。お子さんが甘えてわがままを言ってくれるということは、心を許してくれるということ。だからうれしいんですよ。 親御さんも、初めてのレスキューでお子さんを預けるときは後ろ髪ひかれる思いだと思います。でも帰宅されたときに、お子さんが回復傾向にあったり、一緒に作った折り紙を見たりすると安心されて「楽しかったね、よかったね」とおっしゃってくださいます。そういうときは本当に報われた気持ちになります。

レスキュー中のエピソードは?

赤ちゃんのときにお伺いして、次に会ったときにお子さんが大きくなっていると成長を感じることができてうれしいですね。
色々あるのですが、記憶に残るエピソードはインフルエンザの6歳のお子さんの保育のときのことです。意識がもうろうとしている中で、作ってあげたジュエルペットのおもちゃを胸に握りしめて寝てくれました。お子さんが苦しい中でも支えになれたということがうれしかったです。

自分なりのこだわりは?

前日夜にお伺いするお子さんの年齢や性別、体調を確認して、自分の中の引き出しからこんな遊びをしようかなと考えます。男の子だったら車かなとかヒーローかなとか。ご自宅に着いたらおもちゃを確認して、お子さんが好きなものを把握するんです。自分が好きなものを分かっている相手には、お子さんも心の開き方が違うんですね。おもちゃを見て「これ持ってるんだね」と言ったりすると、「この人わかってる!」と心を開いてくれる。そうすると、お子さんとの関係が一つ前進するんですよ。

利用を検討している方へ

保育園にお子さんを預けている方でも、ならし保育もなく初対面の保育スタッフに預けることは不安があると思います。預けるときに、後ろ髪をひかれる思いや、不安があって当然です。お子さんも、成長とともに自分の社会ができますから、大好きな家族との別れ際に泣くのは当然です。
しかし私たちは病児保育のプロとして、一日の保育を通じてお子さんとしっかり信頼関係を築きます。ですので、つらいと思われるでしょうが、私たちに安心してお任せください。
利用するときも、お子さんが急に病気になったときですから、ぴかぴかにお掃除したり完璧な離乳食を作るなどの頑張りすぎた準備は必要ありませんよ。お子さんが過ごしやすい場所と最低限の用意があれば、大丈夫です。

こどもレスキュー隊員からのメッセージTOPへ