認定NPO法人フローレンス認定NPO法人フローレンス

こどもレスキュー隊員からのメッセージ

2015/04/01

Vol.1日々の研修で体調変化に対応

千葉 恵子隊員 50代

保育士 子育て経験あり

千葉さん

フローレンスで働く前の仕事は?

フローレンスの前は、保育園で保育士をしていました。年齢を重ねて体力的に集団保育が厳しくなってきたと感じたときに、求人広告でフローレンスを知ったのです。病児保育自体をフローレンスで知り、代表の駒崎さんの本を読んでみたところ、文章からありのままで気取りがなく、お金ではなく人の役に立ちたいという熱い思いがにじみ出ていて、「一緒にやっていきたい!」と思い飛び込みました。

フローレンスで働いてみて、どうでした?

正社員として働くことができ、研修制度がしっかりしていて、育ててもらっているという実感があります。単に登録して派遣される組織は、スタッフが定着せず離職率が高い印象があります。

やりがいを感じるときは?

集団保育の現場では、慣らし保育をしてもお子さんがずーっと泣いたまま一日が終わってしまうことも多かったのですが、フローレンスは一対一の保育なので、ひとりのお子さんと深く接することができる点が一番。初めてお会いするお子さんでもしっかりコミュニケーションをとり、病気の中でも楽しい時間を過ごす工夫ができます。帰り際にお子さんから「楽しかった」と言ってもらえるとうれしいものです。
保育後(レスキュー後)に会員さんからいただくアンケートで「もっと遊びたかった」とか「折り紙を気に入ってずっと遊んでくれていた」といった声をいただくことが一番うれしいです。かわいいお子さんに接することができて、癒されることも多いです。自分の子どもが大きくなった今、小さなお子さんを抱っこできる時間は幸せですね。

レスキュー中のエピソードは?

お預かりしているお子さんに熱性けいれんの症状が出たときは、やはり驚きました。しかし日々の研修で事前に学んでいたため、お子さんの様子を観察していて、「これは熱性けいれんがくるかもしれない」と予想を立て、落ち着いて対処いたしました。熱性けいれん自体は防ぐことができませんが、事前の研修で経験者の話や対処方法をしっかり学んでいたので、落ち着いて対応することができたと思っています。
お子さんの体調変化はマニュアル通りにはいきませんが、それでも研修で細かく、何度も繰り返し学んだり外部の研修を受けたりすることで、より安全な保育ができると感じています。

自分なりのこだわりは?

お子さんに会ったとき、まず始めにお子さんのお名前を呼んで一日を始めることを心がけています。そうすると、お子さんとの距離がぐっと近くなります。
それから、やはり安全が第一ですのでテンションが上がりすぎないように、できるだけ座って遊べる工夫をします。小さなお子さんと大きなお子さんでは注意するポイントが違いますので、お子さんの成長やそれぞれの個性をよく観察して対応するようにしています。

利用を検討している方へ

わたしは結婚と出産を機に一度保育士をやめてしまいました。でも、今は出産後も働くことが当たり前になってきていると感じます。小さな子どもがいると、子どもが病気のときが一番困りますよね。
働いている親御さんは、何でも完璧にする方が多いと感じますが、一方で大変な状況を親御さんだけで抱え込まなくても済むような、あたたかいサポートが必要です。わたしはフローレンスを通じて、親御さんをあたたかくサポートをしていきたいと思います。
わたし自身、保育園に初めて自分が子どもを預けたときはすごく緊張した記憶があります。わたしたちはよりよい病児保育サービスを提供するため、日々努力を惜しみません。ですから、ご安心してお預けくださいね。

こどもレスキュー隊員からのメッセージTOPへ